しょーさのブログ

不定期で何か書く。多分。

新しい職場に入ってからの振り返り

新しい職場に入ってから最初の週末を迎えたので書ける範囲で軽く振り返ってみる。

Keep

  • オフィスは基本静か
  • 机広い
  • まだ研修レベルだけど、集中して仕事に取り組めてる
  • バックエンドからフロントエンドまで一貫して触れそうなので、楽しみ
  • 半フレックスの様なものなので、出社時間がある程度融通効く
  • まだ具体的に実感出来てないけど、スクラム開発とDDDを実践してて良さげ
  • 和知が職場から近い
  • 近くに成城石井があるので、仕事中の紅茶に困らない

Problem

  • 開発環境の構築と仕様理解に少し手間取った
  • 周囲のレベルが高そうに見えて、少しプレッシャーを感じている
  • というか、緊張し過ぎてコミュ障露呈してる気がする
  • 通勤に時間かかる
  • つっても、出社時間の融通効くので、そこまで苦にはなってない
  • 支給されたマシンのキーボードがUSキーボードなので、びっくりした。でも慣れかなと思って、そのまま使ってる。

Try

  • 良さげな昼飯スポットを開拓したい
  • まずはメンターと仲良くなってチームに溶け込む
  • 参考書籍として挙げられてる書籍を読み直す

 

思いつく限りではこんな感じ。

 

 

退職します。

ごく一部の方にはすでにお伝えしていましたが、 2017年1月31日をもって退職することになり、本日(1月26日)が最終出社日となります。

会社名は色々と思う所あるので、ここでは伏せておきます。
とりあえず、去年の話題になったとだけ。*1

何をしていたか?

2014年7月22日に大阪オフィスにフロントエンドエンジニアとして入社して、学生時代の先輩でもある上司*2の元でソーシャルゲームのフロントエンド開発に従事していました。

担当したタイトルは入社以降ずっと同じタイトルでしたが、サービスの運営の在り方や姿勢そしてそれらを実現するための技術等、学んだ所は多かったし、
大きめの機能改修を任されたときは自分が推したライブラリを使わせて貰ったり、 色々とありましたが、仕事としては充実してたかなと思います。

業務以外でも同僚と飲みに行ったりサバゲとかボドゲしたり、Unityで遊んだりGoで社内サービス作ったり*3と割と楽しくて濃い約2年半でした。

辞める理由についてはポジティブなものからネガティブな物まで色々有るのですが、詳しい話は飲みとか食事に誘ってくれた人にでも話そうかと思います。

今後について

今後については2月から京都の某ゲーム会社に入社します。
この辺の詳しい話も飲みとか食事に誘ってくれた人に話そうかと思います(二回目

ゲーム業界の経験はまだまだ浅いし、エンジニアとしても30代半ばのおっさんにしては まだまだ未熟ですが、自分なりに全力を尽くして活躍していければと思っています。

同僚の方々へ

最後になりましたが、ありがとうございました。
そして何かと自分の至らない所でご迷惑をおかけしました、申し訳ありません。
この約2年半は良い経験になったと思います。

狭い業界なので、また会うことが有ればよろしくお願いいたします。

最後に

例のリスト。ビール飲みたい。
http://amzn.asia/fFDazBx

*1:部署違うし詳細は知らないけど

*2:選考中に知った

*3:すぐ消えたけど

明けてました2017

あけましておめでとうございます。

年明け早々、FF15クリアして結末に暗い気分になったり、Laravelの環境構築にハマって1人で公式のチュートリに対して憤慨していたりしていました。

さて、そんな僕ですが、今年は珍しく振り返りと抱負を書いてみるなど。

振り返り

振り返りと言っても、去年そこまで抱負を書き残してないので、ただの時系列順 。

  • 1月から3月:筋トレやってた。
    • トータルで10キロ近く痩せる。
  • 4月:彼女が出来る。仕事で濁る。
  • 4~9月:遠距離恋愛
    • この間、Goでサーバーサイドを書いた社内用のサービスをリリースするもパッとせず。
    • KUG2の活動も疎かに。
    • 9月に引っ越し準備したりとか。
  • 10月:同棲開始。仕事で濁る。
  • 11月:水面下で色々と。
  • 12月:賛否両論だらけのFF15に思いの外ハマったり、PHP再入門したり。
    • あと、詳細はまだ書けないけど、仕事的な部分でも大きな動きが

…てなかんじで、私生活は結構充実してたけど、それ以外では色々と反省点や思うところあったなという感じ。
でも、諸々トータルすると良かったんじゃないかなと思ってる。 正に激動の2016年。

抱負

ざっと書き連ねていくとこんな感じ。

  1. 積み本を消化していく
  2. しょうもないクソゲーを一本公開
  3. 引き続き減量
  4. 2月からの新天地で頑張る
  5. KUG2の活動にコミットしていく
  6. 将来の為の貯金

1.積み本を消化していく

毎年言ってるような気がする。
でも個人的に読みたい専門書が多いので、優先度付けて消化していかないとなと。 今のところ読んでる途中のor読みたい本はこんな感じ(優先度順)。

直近で必要そうなので読んでる

  1. パーフェクトPHP
  2. 実践ドメイン駆動設計

Unityの勉強もしていきたいので上記読み終わった頃に

  1. 24時間で学ぶ! Unity 5 基本操作と開発のコツ
  2. オンラインゲームのしくみ Unityで覚えるネットワークプログラミング

まだ途中だけど、余裕あったら読みたい

  1. マイクロサービスアーキテクチャ
  2. エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計

2.しょうもないクソゲーを一本公開

この辺は恥ずかしい話、「個人でゲーム作りたい」とかほざきつつGitHubに草生やしたりしてたんだけど、 やりたいことを盛りすぎたためにリリース出来た試しが無いので、自分の中で思いっきりハードルを下げてしょうもないブラウザベースのゲームをUnityで作れたらなと。

3.引き続き減量

去年は10Kg近く減量出来たものの、まだ目標体重には達してないので、引き続き身体鍛えて行きたいなと。
てか、引っ越してから近所に手頃なジムがないのがつらいので、筋トレ用のベンチを買おうかと検討中。

4.2月からの新天地で頑張る

詳細はまだ言えないけど、仕事面で大きな動きがあったので、それを軌道に乗せれるように頑張りたい。
具体的に今何しているかって言うと久々にPHP再入門したり、Laravelの勉強をし始めたり。
後はまだやってないけど、Cocos2d-JSも勉強していかないといけないと予想している。

5.KUG2の活動にコミットしていく

関西Golang勉強会(KUG2) っていうGoのコミュニティを友人達とやっているのだけど、申し訳ないことに去年の後半くらいから放置気味だったのと、勉強会自体もあまりやってないような感じだった。
でも個人的にGolangは好きな言語だし、あわよくば仕事でも使えたらと思ってるので、今年は自分なりに積極的に動いて再度盛り上げていきたい。

6.将来の為の貯金

俺の中で、ここが今一番大事な所。 2016年に積み上げてきた私生活面での良い事を大切にするためにも2017年は将来に向けて貯金していきたい。

てな感じで色々書いたけど、今年は趣味の面でも買いたいゲームがそこそこ有るので、色々忙しい一年になりそうですね。
去年は激動の2016年だったので、今年はそれをいい感じに昇華させていきたい。

それでは。

エンジニア同士で付き合っている話

これは カノジョできてるエンジニア Advent Calendar 2016 - Qiita の18日目の記事だよ!

基本的にポエムと惚気しか書いてないから、そういうの苦手な人は読まないほうがいいよ!!
技術ネタとかも特に無いです。あと、長い。

著者(俺)と彼女のスペック

著者(俺)

年齢:アラフォー1歩手前の三十路
仕事:ソシャゲの会社に勤めてる。
エンジニア歴9年くらい

彼女

年齢:俺より5歳下
仕事:BtoCのサービス運営会社からBtoBのサービス運営してる会社に転職
エンジニア歴7年くらい
備考:前職の同僚の学生時代の友達

最初に

ポエムだし、無駄に長くなりそうなので先に現状(惚気)だけ。 今現在、彼女とは同棲していて今月で3ヶ月目になります。

課題は無いわけじゃないけど、同棲して二人の時間も増えて楽しいし、彼女の作ってくれるごはんも美味くて健康的だしで感謝しか無い。

知り合って付き合うまで

きっかけ

今の職場に入りたての頃、東京から来た友達と飲んでた時に、前職繋がりで流行ってた(?)「生ハムツイート」なるものを真似してたら、前職の同僚の友達に纏められてた。 togetter.com

そこから何人かフォローしたのがきっかけだけど、何故か纏めた人はフォローしなかった。

付き合うまで

そこから、ちょくちょくTwitterでやり取りしてるうちに惹かれていったんだけど、何となくこのままじゃダメだと思い去年の後半位に筋トレしたりしてた。
関係ないけど、筋トレと有酸素をほぼ毎日やってたら、数ヶ月で10キロ近く減った。

んで、今年4月にUnite2016に行くのを切っ掛けに初めて会ってそこから紆余曲折あって4月23日に付き合う事になった。

付き合うまでは我ながら相当チキンだったなと。

遠距離恋愛

結論だけ先に言うと、TwitterとLINEとSkypeFF14など、 現代のIT技術と数々のサービスには感謝しか無い。
もしそれらがなかったら、付き合うことすら無かったような気がする。

付き合ってからしばらくは大阪と東京の遠距離恋愛状態で月に一回会う度に一緒にご飯食べてる時の写真撮ってはSNSに上げて爆発しろとか言われたり、一緒に色んなところ行ったりしていて楽しかった。
楽しかったけど、帰りはお互い寂しさでしんみりしてることが多かった。

因みに会う予定とか遊ぶ予定はお互いGoogle Calendarを共有したり、遊びに行ったときの写真もGooglePhotoで共有したりと、この辺はエンジニアカップルならではなのかなと思った。

会えない日は朝仕事行くまで常にSkype繋いだり、仕事の昼休みもLINEで話したりしてた。 あと、お互いFF14をやってたので、俺が同じサーバーに移転して、一緒に遊んだりしてた。

あと、毛色が違うとはいえ、お互いにエンジニアなので雑談の流れで自然に技術の話とかしてて、それも面白いなと思った。

同棲

つきあい始めて、5ヶ月位の話。

元々、彼女が関西に帰りたがっていたというのもあって、9月に本来会う日より少し前倒して部屋を見に行った。 その日に部屋と引越し日を決めて10月入った頃に引っ越ししてと、結構バタバタしてたと思う。

同棲のタイミングで彼女も東京の会社を退職したので、一緒にGolangの勉強会を開催していた @massan_77 のつてで何社か紹介してもらい、そのうちの一社に見事内定を決めていた。

同棲してからは、週末食材の買い物一緒に行ったり横に並んでFF14とか他のゲームとかやったり、夜寝る前に布団に入りながら横に並んで技術書読んだりしていて、少なくとも私生活に於いては楽しい毎日を送っている。
上にも書いたけど、おかげさまで健康的な食生活も送れてるので、非常にありがたい。

あと、元々ウサギを飼っていたのだけど、ウサギも彼女になつく様になってくれてよかった。

今後どうしたいかとか

個人的には結婚も視野に入れてるけど、その辺はさておき、
年明けからはお互い働くことになるので家庭内のタスクを上手く回せるようにしたいなと思っている次第。
後は折角引っ越して家が広くなったので、リビングとか自室とかを充実させたい。

最後に

今年は彼女が出来てから本当に楽しい一年だったなと思うと同時に、彼女との関係とか生活を大事にしていきたいなと思う。
あと、筋トレだけじゃないけど「自分にとってこの人しか居ない」と思ったなら、それ相応の努力はするべきだと身を以て実感した。

謝辞(追記 10:55)

肝心なことを書き忘れていた。
そもそも前々職から前職に転職してなかったらこんなことは起こり得なかったし、
@ryoxydol氏にtogatterでまとめられたり、
筋トレ始めたときに職場の同僚のアドバイス受けたり、
Unite後の飲み会で@3T_xelvis氏と@mizuno0to氏に付き合ってもらったり、
友人である@voidofglansGolang勉強会後にお互い酒でベロベロになりつつ「惚れてるなら電話しろよ」とか煽られたりと
彼女と付き合うことが出来たのはそれらすべてが重なった結果だし、

彼女が無事に転職できたのも @massan_77 のおかげなので、
この場を借りて感謝の意を述べたい。

自宅の居間

Goで今までやってきた事の記録とこれから

この記事はGo Advent Calendar 2015の24日目の記事です。

今年はGoのカレンダーが3つもあってびっくりですね。

Go Advent Calendar 2015 - Qiita

Go その2 Advent Calendar 2015 - Qiita

Go その3 Advent Calendar 2015 - Qiita

さて、他の方々は結構実用的なこととか、レベルの高い事を書いてるみたいですが、最初に断っておくと僕はそこまで凝ったことは書けないので、その辺ご容赦下さい(

とりあえずは Goに興味持ってるけど、まだ手を出してない人がこの記事をきっかけにGoの勉強始めてくれたら幸いかなと。

今何してるの?

毎日1時間かそこらコード書きつつ、ゲームデータのAPIを返すサーバーをGoで作ってます。
この記事を書いてる時点では114日目。
毎日コード書いてるとはいっても、Unity製のゲームクライアントも
同時進行で作ってるので毎日Go書いてるというわけでは無いです。

今まで何してきたの?

さてここからが本題。

勉強し始め一週間かそこら

まず最初に目を通したのは当然ながらA Tour of Go。

A Tour of Go

あと平行して以下の記事やチュートリアルも読んだり写経したり。

Writing Web Applications - The Go Programming Language

qiita.com

エディタどうすんねん問題

最初Vimを使うつもりだったけど、Omni補完がいまいちしっくり来なかったので、IntelliJ+golang プラグインを使ってます。

stormcat.hatenablog.com

とりあえず何か作りたくなった

そんなこんなでA Tour of Goを読み進めてたのですが、元々文章読むのが遅いのもあって飽きてきたのでとりあえず、何か適当にCRUDを満たすWebアプリ作るかと考えて以下の記事を読んで実際に作る。

qiita.com

因みに今作ってるAPIサーバーもこの記事を元にしてます。 元にしてるので、gojiとgormを使ってるけど、もっとよさ気なパッケージがあればそれに乗り換えたい。

何か勉強会をやることになった

丁度この頃、このブログの近況報告*1でGoを勉強し始めた事を書いたら、@kazuhito_m@White_Raven777に半ば巻き込まれる感じで関西でGoの勉強会をやることに。

年明けに第二回をやるので、よろしくお願いします(ステマ

APIサーバーを作ってる合間に

当然、同じものばかり作ってたら飽きると言うかマンネリ感が出てくるので、ちゃんと勉強してなかった並行処理とかテストの書き方とか合間に勉強してました。 あとはAPIサーバー動かすためにVPS借りてセットアップしたり、セットアップ中にgitのバージョンが古くてgo get出来ないパッケージが見つかったので、gitをソースからビルドする羽目になったり。

qiita.com

jxck.hatenablog.com

...てな感じで現在に至ります。

これからどうすんの?

とりあえず、箇条書きにやりたいことを羅列するとこんな感じ。

  • 今作ってるAPIサーバーは当然完成させたい。
    • ビルドとかマスタメンテナンスとか自動化。
    • パッケージも、何も考えずにgojiとgorm使ってるのでもう少し吟味したいかも。
  • Webアプリの延長線上なものしか作ってないので、何かツールも作りたい。
    • 確か職場の本社の人がGoでツールを作ってた*2ので参考にしたい。
  • Goの標準パッケージの読み合い会とか。

というわけで、オチはありませんがこんな感じで。

次回はラスト。
cubicdaiyaさん、gureguさん、erukitiさんです。

宣伝

年明けにGoの勉強会やります。まだ空きがあるので是非。

kug2.connpass.com

思い出深い(?)ゲームの話

この記事はクソゲーAdvent Calendar 2015の15日目の記事です。 完全書くこと自体を忘れてた(土下座

www.adventar.org

本題

最初、今までに出くわしたクソゲーについて書こうかと思ったのだが、
ガチのクソゲーは大抵記憶にすら残ってないなと思ったので、一番思い出深いゲームを挙げてみることにする。

真・女神転生 デビルサマナー

32ビット機初の女神転生シリーズにしてデビルサマナーシリーズの第一作目。 記念すべき作品の一つですね。

元々女神転生シリーズが好きだったのもあって、 中学時代にこのゲームの為に親にセガサターンをねだった事を今でも覚えています。

どこにクソゲーポイントがあったのか

前述の通り当時楽しみにしてたタイトルであり今でも名作だと思ってますが、
新しく入った好感度システムがクソだったなと。

例えば…

  • 強い悪魔を仲魔にしても好感度が少ないと、戦闘でも殆ど言うことを聞いてくれない
  • 好感度を上げるにしてもアイテムを贈呈or一緒に戦闘を重ねるかしないといけない
  • 大抵の強い悪魔は戦闘を重ねるしか無い
    • しかも命令を聞くようになった頃には大抵レベル差が開いて弱くなってる

そんな感じでそれまでの女神転生に輪をかけてマゾいシステムでした。

それでも頑張ってクリアしようとしたものの…

まあ、そんなマゾいシステムに心をへし折られそうになりながらも、 世界観とかストーリーは好きだったので、頑張ってクリアしようと進めていました。

…が、当時の僕は、何故か海外製の怪しいメモリーカートリッジ*1を使っていたばかりに 何かの拍子でセーブデータが飛んでいってしまい、そこで本当に心が折れてしまったのでした。

オチ

で、何が言いたいのかって言うとゲームがクソゲーなんじゃなくて、
怪しいメモリーカートリッジと店員の言葉を鵜呑みにした僕がクソだったというそういう話でした。

めでたしめでたし。

PSP版のデビルサマナー買おうかな。PSP持ってないけど。

*1:確かメモリ容量が2倍だと店員の言ってたことを鵜呑みにしたんだと思う

1人で何か作ったり勉強したりするときのモチベーションの保ち方について考えてみた。

少し前にKUG2の運営メンバー数名と飲んでた時に、はたじょーさんから

「1人で開発してる時、どうやってモチベーション保ってるんですか?」
という質問を受けて、ちゃんと答えた記憶が無いのと、そういえば毎日何かしらコード書くようにしてからそこそこ経つけど、モチベーションの保ち方についてあまり意識してなかったので、自分がどうやってモチベーション保ってるのか真剣に考えてみる。

ただ、これはあくまでも僕の場合の話なので、あまり参考になら無い事を明記しておく。

1.自分のGitHubに草を生やし続けて悦に浸る

結論から言えば、この一言に尽きるのかなと。

↓の記事に触発されたというのもある。
yasun.hatenablog.jp

最近は特にGitHubのCurrent streakを更新し続けて、
その日数を眺めて悦に浸るのが原動力になってる気がする。
これには個人プロジェクトだけじゃなくて勉強用のコードも含まれるんだけども。

じゃあ、そのために具体的にどうしてるかって言うと、以下のとおり。

やること決めとく

当たり前かもしれないけど、「次はこれ作る」とか「今週はこれに注力する」とか
予め決めとくと手を動かす前に考えることが減るよなと。

やる時間帯を決める

僕の場合はだけど、基本的に朝起きた時にコード書くようにしてる。
逆にその時間帯にやっておけば、夜は遊んでてもいいし家事にも集中できる。

当然、起きるのが遅くて朝出来なかったら会社から帰ってからコードを書く。

ハードルを下げる

多分、これが一番重要だと思う。
毎日やると言っても、様々な理由で頭が回らなかったり
ちゃんと書く時間が確保出来なかったりすることはあるので、
その時は「最低限これだけ書いて、pushしておこう」ってなかんじで、どれだけしょぼい変更でもいいので、何かするようにしている。

「1日数時間で出来ることなんて、たかが知れてる」と自分の中でハードルを下げることは個人プロジェクトや学習を継続させる上で重要なのかなと。

2.最終的な目標とかゴールを立てる

これは完全に後から思いついたことだけど、
今作ってる作ってるものを最終的にどうしたいのかとか、
勉強してる事を活かして何を作りたいのかとかいう
ビジョンというかイメージは常に持っておいたほうが良いかなとか。

闇雲にやっててもアレだし。

という訳で

現在自分のGitHubに草を生やし続けて95日目。

github.com

現在は作ってるゲームの機能の一つが一段落して、Golang力が足りない(Unity力もだけど)と痛感したので、
次行く前にGolangで並行処理書く練習したりテスト書く練習しつつ、空いた時間にGolangで作ったゲームサーバーを動かすためのサーバーのセットアップをしてる。

100日目に到達したら、いったん自分を褒めてやりたいので誰かビール奢って下さい(

最後に宣伝

友達数名と関西Golang勉強会(冒頭で言及してたKUG2)っていう勉強会をゆるい感じでやってます。

年明けに第2回をやる予定なので、興味のある人は是非。

kug2.connpass.com